imacrosの「!LOOP変数」の実用例

22 Nov

【本記事は旧ブログからの転載記事です】

以前、下記のような方法をご紹介しました。

!LOOP の変数を使って、「上から順番に1つずつ実行させる」

この変数の具体的な使用方法は、
表示する「ページ数」を!LOOPの文字数で表してしまうこと。

これをうまく活用すれば、imacrosを実行しながらページを遡っていくことが可能です。

【実例1】
例えば、このブログのページを順番に表示させていく場合、
下記のようなマクロになります。

URL GOTO=http://ameblo.jp/imacros/page-{{!LOOP}}.html

【実例2】
また、あるページに含まれているリンクを
ページの上から順に取得していく事も可能です。

(=GoogleBotのような行動をさせることが可能です。)

例えばこのブログのTOPページに含まれているリンクを上から順に取得していく場合、

URL GOTO=http://ameblo.jp/imacros
TAG POS={{!LOOP}} TYPE=A ATTR=HREF:*

こちらのコードと、EXTRACTを併用してあげれば良いことになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: